ホームホーム|ビジョンビジョン| 事業のご案内事業のご案内 |プロダクトプロダクト| ソリューションソリューション |開発実績開発実績|開発体制開発体制

HOME > ソリューション

ソリューション

ソフトウェア開発支援ソリューション「D-MANAGER.」

ソフトウェア開発支援ソリューション「D-MANAGER.」
「D(Development)-MANAGER.」は、開発の流れを大きく「計画」、「開発」、「運用」の工程に区分し、各工程で無理なく各機能を利用するワークフローを提供するとともに、業務効率や品質向上をサポートするソリューションを提供します。




ソフトウェア開発を管理する[1] ソフトウェア開発を管理する
開発の現場においてマネージャが開発を行ったり、開発期間が短期であったり、急な仕様変更、障害対応など、さまざまな状況のなかで開発の管理を正確に行うということは、なかなか難しいことです。

ソフトウェア開発やシステム運用において、さらなる品質向上や業務の効率化が求められている昨今、それを達成するには、開発管理を正確に行うことは必要不可欠なことです。しかし、日常の業務に追われるなかで開発管理を正確に行うことは難しく、「手軽に簡単に出来たら…」と考える方も少なくないでしょう。

そのような現場の意見も取り入れつつ日常作業を行っていくことができれば、自ずと開発管理が行えることを目的としたのが「D-MANAGER.」です。



[2] 状況をリアルタイムに把握して、的確な判断を行う
グループで作業を行う場合、各々の進捗状況を把握することは難しく、様々な混乱が生じがちです。

「進捗管理機能」では、業務の内容や進捗状況の情報を共有することにより、担当者には業務報告の仕組みを提供し、管理者には業務の進捗状況の確認を、より簡単に行える環境を提供します。

このシステムを導入することにより、同じ部内の業務だけにとどまらず、複数の支社・部門に渡る業務においてもスムーズな進捗を図ることが可能です。状況がリアルタイムに把握できることにより、急な対応などによってスケジュール調整を行う場合には大きな力となることでしょう。

状況をリアルタイムに把握して、的確な判断を行う


[3] いつでも、誰でも、どこからでも、的確に情報が見られる
ソフトウェア開発においては、品質の向上が重要になります。なかでもドキュメントは、重要な位置付けとなります。各担当者がドキュメントを手持ちにするということはよくある話ですが、これでは当該者しか仕組みが分からず、システムが"俗人化"してしまう恐れがあります。このことは、システムリスクにも繋がり、非常に危険なことです。

「ドキュメント管理機能」では、いつでも、誰でも、どこからでも、的確に情報が閲覧できるようにドキュメントを共有できます。開発者が作成したドキュメントを一元管理して、すべての開発者に閲覧できるようにして俗人化を排除します。

また、「進捗管理機能」と連携することで、案件に対する成果物の納品というイメージで、スムーズにしかも確実に、進捗管理機能からドキュメント管理機能に連動し、ドキュメントの保管が可能になります。完了した案件からは効果的な事例を把握することができ、さらに「障害管理機能」と連携することによって、今後の改善点を把握して、それらを今後の業務に活かすことも可能です。

いつでも、誰でも、どこからでも、的確に情報が見られる


[4] 正確な調査と分析
「プログラムの修正を行って本番稼働させたが、修正箇所と関係ないところで障害が発生した。その原因は、修正によって他のプログラムに影響が出てしまった。影響範囲の分析不足だった」というのはよくある話です。開発者はもちろん、漏れが出ないように分析を注意深く行っているはずですが、それにも限界があります。

そこで「影響範囲分析機能」では、メインフレームの各種リソースをサーバ側に取り込んでリソース構造の解析を行い、JOBやプログラムの関連付けを行って格納します。これにより、広範囲な影響範囲分析においても、膨大な労力を掛けることなく、漏れなく分析することができます。これは事故防止、品質向上、開発コストの軽減に繋がります。

正確な調査と分析


システム構成例

システム構成例


システム一覧

進捗管理システム
開発における発注管理・進捗を行うシステムです。案件(作業)単位に作業の進捗管理を行い、見積~発注~製造~リリースなどの各作業工程の進捗管理を行います。入力された情報から他のシステムとの連携が可能です。
ドキュメント管理システム
開発の成果物として作成された開発ドキュメント類を、ネットワーク上の共有サーバにて一元管理を行います。システム仕様書・プログラム仕様書・ファイルレイアウト・ネットフローなど、ファイル形式を問わず管理できます。また、紙ドキュメントの管理・貸出管理も可能です。
影響範囲分析
システム
NET-JOB-プログラム-コピー句など、ホスト上のリソース構造の解析・検索を行うシステムです。プログラム修正時の影響範囲調査などに使用したり、検索結果からドキュメントの参照・プログラムソースの参照が可能です。
ライブラリ管理
システム
PCとホスト間の連携を実現するシステムです。PC上でのプログラムコーディング・コンパイルなどが可能で、進捗管理システムとも連動し、プログラムの実装など運用準備に関わる作業の自動化が可能です。
障害管理システム
障害発生から対応完了までの情報を管理できます。進捗管理システムや影響範囲分析システムと連携することにより、類似案件や修正対象プログラムに対する過去の障害発生状況を参照することが可能です。

  お問い合わせ
  「D-MANAGER」に関する詳細機能のご説明や、導入モデルのご相談については、下記までご連絡ください。
  TEL:03-5928-9021
    株式会社キーバインド 営業統括本部
    E-mail:

ホームホーム
ビジョンビジョン
事業のご案内事業のご案内
プロダクトプロダクト
ソリューション
開発実績開発実績
開発体制開発体制
会社情報会社情報
採用情報採用情報
お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせ TEL:03-5928-9021お問い合わせ TEL:03-5928-9021